【牡蠣の栄養】亜鉛で美肌&艶髪を手に入れる!?調理法を紹介

牡蠣の亜鉛は女性にとって心強い成分ということをご存知でしょうか?

  • 亜鉛って体に良いことが起こる?
  • どうやって食べたら効率が良い?

そんな牡蠣や亜鉛に対するお悩みをお持ちではないでしょうか。

この記事では亜鉛について以下の順番で説明していきます。

  1. 牡蠣に多く含まれる亜鉛とはどんな効果があるのか
  2. 亜鉛の調理法について
  3. 牡蠣のその他の栄養について
  4. 牡蠣以外で亜鉛をとれる食べ物

5分くらいで読めますし、疲れている体にきく方法が見つかるかもしれません。
ぜひ最後まで読んでみてください。

牡蠣の栄養のメインである亜鉛は美肌効果がある!?

亜鉛が美容や体に良いと聞いても、具体的にはどの美容に良いのか気になりませんか?

実は牡蠣から亜鉛を取り込むのであれば、情緒不安定なときや生理前に食べることがおすすめ。

亜鉛には髪や肌の艶を良くしてくれる効果があるといわれているため、生理前の肌調子が悪いときにピッタリです。
また亜鉛にはうつの症状を抑えてくれる効果もあるといわれています。

生理前で情緒不安定になりがちな人は、かなり嬉しい効果だと思いませんか。

牡蠣の亜鉛を多くとりたいなら、ビタミンCを活用せよ!

牡蠣に含まれている亜鉛はレモンやパプリカと一緒に食べることがおススメ。
亜鉛はビタミンCと一緒に体内に取り入れると、効率よく吸収されていくと言われています。

では、牡蠣とビタミンCのセットとはどんな料理か紹介します。
ビタミンCを含む食べ物といえばレモンやパプリカ、他にはブロッコリーやキウイフルーツが有名ですね。

レモンであれば生牡蠣にかけて食べたり、牡蠣フライの横に付け合わせとしてついています。

パプリカは鮮やかなので、ニンニクを効かせたアーリオオーリオのパスタにしてみてはいかがでしょうか?

ブロッコリーは牡蠣グラタンの中に入れ込んでみると彩りが豊かになって便利です。

難しいのはキウイフルーツですが、オリーブオイルと一緒に甘酸っぱいドレッシングにしてしまうのはどうでしょう?

「キウイドレッシング」と検索してみるとレシピがでてくるので、ぜひ試してみてください。

牡蠣の栄養素、亜鉛は水に溶けやすいのでスープでいただこう

亜鉛の調理ポイントは、水につける時間と加熱を短くするという点。
亜鉛は水溶性の栄養素と判明しているので、水に溶けていきます。

加熱にも弱くせっかくの栄養素が少なくなってしまう為、気をつけて調理しましょう。
しかし加熱に関しては、ノロウィルスのこともあるため「80℃以上、1分以上」ということには注意してください。

具体的に牡蠣の亜鉛を逃がさないためには鍋がおすすめ。
鍋だけではなく、スープやおじやといった「牡蠣の汁」を活かした料理が亜鉛を摂取することに向いています。

牡蠣はもちろん、スープに溶けだした亜鉛もしっかり取ることができるのでおすすめの料理方法です。

牡蠣の栄養は亜鉛の他にもありますよ

牡蠣に含まれる栄養素は亜鉛だけではありません。
たんぱく質や鉄分、ビタミンEやビタミンB12といった栄養がたくさん含まれています。

いろいろな栄養素をたくさん蓄えることができるのは、牡蠣の性質によるものですが次で説明していきます。
亜鉛は生理前に食べると良いと説明しましたが、鉄分やビタミン類も同じです。

亜鉛だけでなく、全体的な栄養素をみても牡蠣は女性に役立つ食品となっています。

牡蠣の栄養の中でも亜鉛が多い理由は性質にあり

牡蠣に亜鉛やミネラルが多い理由は牡蠣の性質によるものです。
牡蠣はプランクトンと一緒に海水を体内に取り込みます。

餌であるプランクトンはそのまま吸収されるのですが、海水は成分だけをろ過されます。
つまり海水を体でろ過して、いろいろな成分を体に蓄えることができるのです。

海水をきれいにしてくれる性質から「牡蠣による海の環境改善計画」も発足している地域があります。

アサリも同じ性質を持っているため「海の掃除屋」という呼び名がついているそうです。

牡蠣の他に亜鉛をとれる食べ物3選


牡蠣に含まれる亜鉛は、女性にとってプラスの働きが起こると分かっていても牡蠣自体が苦手な人は多いですよね。

牡蠣以外にも亜鉛が多く含まれている食べ物を調べたので紹介していきます。

牡蠣と同じ貝類を代表すると、あわびです。
「あわび」と聞くと高級品に聞こえますが、とこぶしと呼ばれる小さめの種類であればスーパーなどにも販売してあります。

さらに手軽に購入できる品物は「するめ」です。

するめは糖質も低く、カロリーも低いため低GI食品としても有名になりました。

少し匂いが独特ですし、歯ごたえも固いですが、ダイエットには最適な食品です。

魚介類から離れると高野豆腐や納豆などがおすすめ。
高野豆腐は乾燥させた品物が販売してあり、納豆は低価格で売られています。

亜鉛を摂取するには、必ずしも貝類を食べなければいけないというわけではないことがわかりました。

まとめ

亜鉛について効能や、食品を紹介してきました。
水に溶けやすい亜鉛はビタミンCとセットで体に取り込むと吸収率があがりますから、洋風リゾットもおすすめします。

和風でもいろいろな料理の組み合わせができるので、料理検索サイトを探してみてください。

いろんな料理を組み合わせるのが苦手な人は、サプリを購入してみても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です