牡蠣とパスタは相性最高!おすすめレシピを公開します

牡蠣を食べるとき、何と合わせますか?
やはり日本人ですから、ご飯や味噌汁、お漬物と合わせるのが好きという方も多いのでは。

ところが、実は牡蠣は和洋中どのジャンルとも相性が良いんです。
パスタやパン、トマトにバジルと、万能と言ってもいいほど組み合わせを選びません。

そして、その中でも特にパスタと牡蠣のコンビは、調理方法が簡単なうえに見映えも良く、一押しです。

初心者でも失敗しにくい、シンプルだけど美味しいレシピを2種類まとめてみました。
和風と洋風に分けましたが、基本の流れは同じなのでぜひどちらも挑戦してみてくださいね。

牡蠣とパスタの素敵な出逢い!海外でも人気の食べ方ってホント?


世界中で愛されている牡蠣ですが、最近は生食だけでなく、さまざまな牡蠣料理が人気となっているそう。

その中でもパスタは特にアメリカやヨーロッパを中心に、美味しくて食べやすいと支持されてきています。

例えば、牡蠣パスタの英語(Oyster pasta)やフランス語(Pâtes aux huîtres)で検索をしてみてください。
たくさんの美味しそうな牡蠣パスタが、画像やレシピで見つかりますよ。

また、日本人にもパスタ好きの人は多いので、外国語が得意でなくても大丈夫な日本語のレシピもたくさん登場しています。
今回はその中でも特に、簡単にできる基本のレシピを見ていきましょう。

和風パスタなら牡蠣とバター醤油がおすすめ


初めて牡蠣パスタを作るなら、日本人の味覚に一番合う和風のバター醤油を試してみてください。

牡蠣以外の具材はお好みで1,2種類加えてみて。

もちろん牡蠣だけで作っても美味しいですよ。

材料

牡蠣(200g)
バター(大さじ1)
にんにく(1かけ)
醤油(大さじ1)
だし汁(50㏄)和風だしの素で代用可
↓ここからはお好みで
ベーコン
玉ねぎ
ほうれん草
まいたけ
水菜
小ネギ
など

作り方

1.お湯を沸かし始める
2.牡蠣の下処理をして、キッチンペーパーで水気を押さえる
3.パスタを表記より1分短く茹で始める
4.ニンニクを薄切りにし、お好みの具材を食べやすく切る
5.フライパンにバターとにんにくをのせ、弱火で熱する
6.香りが立ったら牡蠣を入れて中火で炒める
7.お好みの具材も投入して炒め、火が通ったら醤油とだし汁を回し入れる
8.茹で上がったパスタを湯切りしてフライパンに入れる
9.軽く和えたら盛り付けて完成

お湯を沸かしている間に牡蠣の下処理をして、パスタを茹でている間にフライパンでの炒め作業を進めておくとスムーズです。
手順に自信がないなら、先に牡蠣の下処理と包丁を使う作業を済ませておいてもいいですね。

バターが牡蠣のコクを引き出し、醤油が落ち着きのある和風味に仕上げてくれますよ。
具材は冷蔵庫にあるものや、お好みで用意してみてください。

洋風ならレモンを添えて!


パスタはやっぱり洋風がいい、という方は、牡蠣をオリーブオイルとニンニク、赤唐辛子で炒めたペペロンチーノはいかがでしょうか。

辛みが苦手な方は赤唐辛子を抜いて作ってもOKです。

材料

牡蠣(200g)
オリーブオイル(大さじ1)
ニンニク(1かけ)
赤唐辛子(お好みで)
レモン(1切れ)
パセリ(お好みで)

作り方

1.お湯を沸かし始める
2.牡蠣の下処理をして、キッチンペーパーで水気を押さえる
3.パスタを表記より1分短く茹で始める
4.ニンニクを薄切り、赤唐辛子は種を取って小口切りにする
5.フライパンにオリーブオイルとニンニク、赤唐辛子を入れ、弱火で熱する
6.香りが立ったら牡蠣を入れて中火で炒める
7.茹で上がったパスタを湯切りして、フライパンに入れる
8.軽く和えたら盛り付け、レモンとパセリを添えて完成

パスタを茹でるとき、多めに塩を入れるとしっかりめの味付けになります。
あるいは、牡蠣を炒めた後に塩を振って調味してください。

ポイントは、レモンを添えて食べる直前に軽く絞ること。

牡蠣とのマッチングはもちろん、風味の強いペペロンチーノがサッパリとした味わいになりますよ。

和食以外でもおいしい牡蠣を楽しんで!


パスタの他にも、グラタンやスープなど、牡蠣を美味しくいただける洋食レシピはたくさんあります。

味付けもクリーム系やトマト系など多彩です。
さらに、醤油や味噌などを使えば和風にもアレンジ可。

その中でも、パスタは特に手軽に作れるのでぜひ試してみてください。

味付けが変わっても、下処理した牡蠣を炒めて調味するという手順は変わりません。
なので、様々なバリエーションに挑戦しやすいというポイントもありますよ。

また、実際に海外へ行って現地の牡蠣料理を食べる機会はなかなか作れませんが、国内のレストランやバーなどでも現地に近いレシピで提供しているところはあります。

同じ牡蠣料理でも国が違うとまた別の味わいが見つかるかもしれません。
見かけたらぜひ試してみてくださいね。

まとめ


和食だけでなく、洋食でも美味しくいただける牡蠣。

パスタなら特に手軽に作れるので、まだ食べたことのない方はこの機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。
彩りや盛り付けに気を配れば、見映えもなかなかです。

そして、牡蠣のパスタは味付け、調味料、具材のアレンジがしやすいという点も特徴になっています。

何度か作ってレシピに慣れてきたら、自分だけのオリジナルパスタに挑戦してみてもいいかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です